FC2ブログ
国民の声が届く政治を
原発、消費税、景気と雇用・・・「政治を変えたい」思いを綴ります。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の夜長は
全国商工新聞10月15日付けに「再生エネで仕事おこしを」の見出しで、清水民商が長野県大町市の小型水力発電を視察した記事がのっていました。視察に参加した平塚清水民商事務局長のお話では「農業用水が流れている水路にらせん状の歯車が入っている箱(幅70cm長さ1mちょっとの大きさ)を置いてあるだけの装置ですが、隣接している家屋の50%近くの電力をまかなっている」と話していました。
この発電機ならチョット落差のある水路なら、どこでも活躍しそうですね。
自宅前の小川に置いた発電機から取り込んだ電気で明かりをともし、秋の夜長をビール片手に楽しむのも風情がありますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 国民の声が届く政治を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。