FC2ブログ
国民の声が届く政治を
原発、消費税、景気と雇用・・・「政治を変えたい」思いを綴ります。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆腐が1丁2丁
今日は業者の会合で、大企業の内部留保260兆円の話をした。「私らは1兆円と言われても、良くわからない。豆腐が1丁2丁ならわかるけど」「私は豆腐半丁の世界だよ」大いに盛り上がった。庶民を煙に巻いて悪政を押し通すのは政権党の常套手段。政治のごまかしを、わかり易く解き明かせば、明るく元気になる。あと10日、頑張ろう。
スポンサーサイト
260兆円
大企業に溜め込まれている内部留保260兆円。260兆円の姿を見た人はいないが、日本共産党の衆院議員 佐々木憲昭さんがこう話した。一万円札を100枚積めば100万円で約10Cm。1000枚積めば1000万円で1m。1万枚積めば1億円で10m。10万枚で10億円100m。100枚で100億円1km。1000枚で1000億円10km。こんなふうに1万m積み上げてようやく1兆円。富士山の3倍の高さだ。つまり一万円札でつくった高さ10000mの柱が260本立ち並ぶ姿だ。チョット漫画的で面白い姿だね。漫画的でない姿はどうか。毎日100万円づつ使って、一億円使い切るのに何年かかるか。この計算をしたらなんと2740年かかる。その260倍溜め込まれている。もちろん現金で溜め込まれているわけではないのだが。佐々木氏が日銀総裁に「なぜこんなに大企業に溜め込まれているのか」と聞いたら「使い道がないから」の答え。使い道がないなら「社員の給与引き上げ」「派遣社員を正社員に」「下請け単価を引き上げ」に使ったら・・・そんな企業の評価は高まり、製品は売れると思うのだが。
copyright © 2005 国民の声が届く政治を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。