国民の声が届く政治を
原発、消費税、景気と雇用・・・「政治を変えたい」思いを綴ります。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆腐が1丁2丁
今日は業者の会合で、大企業の内部留保260兆円の話をした。「私らは1兆円と言われても、良くわからない。豆腐が1丁2丁ならわかるけど」「私は豆腐半丁の世界だよ」大いに盛り上がった。庶民を煙に巻いて悪政を押し通すのは政権党の常套手段。政治のごまかしを、わかり易く解き明かせば、明るく元気になる。あと10日、頑張ろう。
スポンサーサイト
260兆円
大企業に溜め込まれている内部留保260兆円。260兆円の姿を見た人はいないが、日本共産党の衆院議員 佐々木憲昭さんがこう話した。一万円札を100枚積めば100万円で約10Cm。1000枚積めば1000万円で1m。1万枚積めば1億円で10m。10万枚で10億円100m。100枚で100億円1km。1000枚で1000億円10km。こんなふうに1万m積み上げてようやく1兆円。富士山の3倍の高さだ。つまり一万円札でつくった高さ10000mの柱が260本立ち並ぶ姿だ。チョット漫画的で面白い姿だね。漫画的でない姿はどうか。毎日100万円づつ使って、一億円使い切るのに何年かかるか。この計算をしたらなんと2740年かかる。その260倍溜め込まれている。もちろん現金で溜め込まれているわけではないのだが。佐々木氏が日銀総裁に「なぜこんなに大企業に溜め込まれているのか」と聞いたら「使い道がないから」の答え。使い道がないなら「社員の給与引き上げ」「派遣社員を正社員に」「下請け単価を引き上げ」に使ったら・・・そんな企業の評価は高まり、製品は売れると思うのだが。
ゴミの有料化
静岡市はごみ減量をすすめるためにゴミの有料化をすすめるようだ。その説明会が9月に続いて10月27日にもある。「静岡市のゴミ量は政令市平均より多い」のだそうだ。しかし、旧清水市地域は市民の努力で分別収集をすすめている。しかし旧静岡市はなんでもかんでもゴミ袋に押し込んでいる。これをそのままにして、「政令市平均より多い」という言い分はないだろう。今年は国保料が実質3割もひきあげられ、介護保険料も毎年値上げだ。給与は上がらず年金は減らされ、市民負担は増えるばかり。これでは景気が良くなるわけがない。来年は市会議員選挙がある。「『地元のために』自治会推薦を」と動き出しているが、国保料値上げに賛成して、今度はゴミの有料化に賛成するもか。そんな議員は水道料の値上げにも賛成していた。また「地元のために」と言いながら、負担を押し付けるのか。地元で言うことと議場の態度が違う議員は退場願いたい。「議員を減らせ」ならそんな議員を減らしたいね。
原発ゼロを阻んでいるのは誰か
「11.11反原発1000000人大占拠」のニュースを追いました。見出しは「政府はすべての原発の即時廃止を実現せよ!」に続いて、「次の衆議院総選挙は「全原発即時廃止」を争点に!」とあり「各政党の原発容認議員を落選させ、1人でも多くの脱原発議員を国会に送り込もう!」「☆『首相官邸前抗議および「7.29脱原発国会大包囲」でスピーチした国会議員リスト』公開中!」・・・。
「原発ヤメロ」「再稼働反対」から始まって、「この当然の要求を阻んでいるのは誰か、どうしたらいいか」と運動がすすんでいる。「原発をなくす全国連絡会」と「ふくしま復興共同センター」が「『原発ゼロ』へ‐政府の決断を求めます」全国紙と福島2紙へ掲載する意見広告の賛同呼びかけを始めました。
原発ゼロを決断し、再生可能エネルギーへの大転換で、エネルギー自給率を高めよう。
秋の夜長は
全国商工新聞10月15日付けに「再生エネで仕事おこしを」の見出しで、清水民商が長野県大町市の小型水力発電を視察した記事がのっていました。視察に参加した平塚清水民商事務局長のお話では「農業用水が流れている水路にらせん状の歯車が入っている箱(幅70cm長さ1mちょっとの大きさ)を置いてあるだけの装置ですが、隣接している家屋の50%近くの電力をまかなっている」と話していました。
この発電機ならチョット落差のある水路なら、どこでも活躍しそうですね。
自宅前の小川に置いた発電機から取り込んだ電気で明かりをともし、秋の夜長をビール片手に楽しむのも風情がありますね。
copyright © 2005 国民の声が届く政治を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。